住宅ローン、銀行の言いなりになってませんか?

銀行の言いなりになってはいけません

銀行は利益を追求する団体という側面が否めないので自分の所でローンをして貰う事が一番だと言われてしまう可能性があります。住宅というのは数千万円する買い物になるので、ローンの条件が少し違うだけでかなりの違いになってきます。住宅ローンと言うのは選び方が大切です。

住宅ローンは金利の種類によって全く違います。固定金利や変動金利と言う言葉を聞いた事があるかもしれませんが、両方メリットとデメリットがあるのでどちらが良いかの判断が難しいです。

住宅購入の際の税金も印紙税・消費税・登録免許税・不動産取得税等も必要になってくるので住宅購入の際は多くのお金が必要になってきます。住宅購入の際に税金の相談は銀行だけでは無く、銀行以外の専門家にも聞いた方が良い場合もあります。

住宅購入ローンはローンの組み方が大切

住宅購入は高い買い物になるので、一つの銀行だけの意見で決めるのでは無く複数の銀行・ローン会社・専門家に相談をした方が良いです。その際に金利の種類や住宅購入の際に必要になる税金を念入りに確認して「自分に最適なローンの組み方」を探すのが最善です。

住宅ローンを組んでしまった後でも住宅ローンの借り換えができます。住宅ローンを毎月の返済とは別に契約にもとづいて借入金の一部または全部を返済する事を繰り上げ返済と言いますが、条件が良い所から新たにローンを組んで、今まで組んでいた住宅ローンを繰り上げ返済する事もできます。

銀行は金利による収入を収入源としているので、住宅ローンを借り換えされる銀行は借り換えされると損になるので、住宅ローンの借り換えに前向きではない傾向にあると言えます。そこで、複数の銀行・ローン会社・専門家から意見を聞く必要があります。