え!?こんなに種類があるの!?住宅ローンの選び方

銀行ローンには3種類ある

銀行で利用出来る住宅ローンには「変動金利型」「固定金利選択型」「全期間固定金利型」の3種類が存在します。
変動金利型は返済している途中でも金利が変動するといった特徴があり、一般的に金利の見直しは半年に1度、返済額は5年に1度返済額の見直しが行われます。また、「激変緩和措置」がある事で毎月のローン返済額は最大でも1.25倍までしか上がる事はありません。
固定金利選択型は3年や5年と金利を固定する期間を自分で選べます。期間が終了した後は変動金利型か固定金利選択型をもう1度選択する事になります。期間中は金利が変動する事がないので返済額が変わる事もありません。しかし、期間終了時に完済出来ていない場合はその時点での金利が適用され返済額が上限なしで上がるといった点に注意が必要です。

全期間固定金利の特徴と住宅ローンの選び方

全期間固定金利のメリットは「完済まで金利が変動しない」といった点です。毎月の返済額が固定となっているので、完済までの見通しがつきやすく金利による生活の圧迫がないという安心感が得られます。しかし、他の住宅ローンと比較すると金利が高めに設定されている場合が多く総支払額が増えるといったデメリットも存在します。
3種類ある住宅ローンの異なるメリット・デメリットを把握する事が重要になります。金利が低めの変動金利型・固定金利選択型を選んで総支払額を抑えたり、金利は少し高くなる代わりに毎月の支払い額が固定となる全期間固定金利で安心感を得たりと収入や自分のライフスタイルを考慮する事が失敗のない住宅ローン選びに繋がります。