銀行は教えてくれない住宅ローンのカラクリ

住宅ローンの金利はこの3タイプ

マイホームを購入する場合、多くの人が銀行などの住宅ローンを利用しています。住宅ローンの金利について「どれも同じでしょう」と思っている人は意外と多いようですが、どのローンを選ぶかによって将来的に支払う金額や背負うべきリスクが大幅に違ってきます。マイホームの購入はほとんどの人にとって人生で最大の買い物です。将来設計に関わる重要な選択ですから、事前に金利について学ぶことは決してムダではありません。まずは住宅ローンの金利には「変動型」「全期間固定型」「固定期間選択型」の3つのタイプがあることを押えておきましょう。それぞれのメリットやデメリットを把握し、ご自身の家計事情や将来設計に合わせて選ぶことが大切です。

変動型、全期間固定型、固定期間選択型の違いは?

「変動型」は市中金利の動向によって半年ごとに見直され返済額の元本と利息の割合も変ります。借り入れ当初の金利は一番安いですが、金利変動の影響を受けやすく、急激な金利の上昇場面では未払い利息が発生するなどのリスクを伴います。「全期間固定型」は当初設定された金利と支払額が完済まで変らないため、将来にわたって支払い計画が立てやすいのがメリットです。ただし市中金利が下がってもその恩恵を受けることはできません。「固定期間選択型」は変動型と全期間固定型の中間タイプで最初に固定金利の期間を3年、5年、10年と決め、その後は変動金利に切り替えるか固定期間選択型を継続するか、利用者が判断します。それぞれの家計事情にもよりますが、一般的には借入額が少なく借入期間が短い人は変動金利、借入額が大きく借入期間が長い人は全期間固定型を選ぶ傾向が見られます。